HOME > 学校案内 > 学校紹介 > 本校の使命 > 各学科の目的

各学科の目的

機械工学科

(1) 機械技術者として必要な基礎学力の育成
 機械工学の根幹をなす材料力学、熱力学、流れ学、工業力学等の力学系 基礎科目は、機械技術者にとって不可欠であるため、多くの演習を課して 理解を確実にし、さらに伝熱工学、熱機関、流体機械、振動工学等への応 用力を育成します。
(2) 技術革新、高度情報化社会に対応できる能力の育成
 自動制御、C言語基礎、システム工学、メカトロニクス、ロボット工学、 電気・電子工学等についての教育を実施することにより、理論、演習を通 じて高度情報化社会に対応できる能力を育成します。 また、材料学、材料科学、機械工作、機構・設計法の学習には、工作実習、 創造工学演習、工学実験と連携を保ち、実践力、洞察力の育成に努め、 新素材等の技術革新にも対応した内容も教授します。
(3) 創造性、実践的能力等の育成と、社会の期待に応えるための人間の育成
 ものづくりの基盤である工作実習およびCADを含む設計製図等の教育 を通じて、実践力の養成に努め、創造工学演習、知能機械演習、C言語応用、 工学実験や卒業研究等をグループ単位で実施することにより、創造性、 積極性および協調性を養います。さらに、社会の期待に応えるために、豊富な 実践力を持つ技術者となるための人間形成にも努めます。

電気電子工学科

(1) 電気電子技術者に必要な専門的かつ総合的な基礎力の育成
 電気電子技術者のベースとなる電磁気学、電気回路、電子回路、コンピュータ 技術の基礎を学んだ後、光・電子デバイス、エレクトロニクス、コンピュータ、 コミュニケーション、新エネルギーといった電気電子、情報通信に関連する 幅広い分野の専門科目を修得し、新たな夢の実現に向けた新しい技術を 開発する際に必要とされる技術力を育成します。
(2) 幅広い専門分野に適応できる応用力の育成
 情報家電や光通信用電子機器を作り出すエレクトロニクス技術、電気自動車や ロボット、システムをコントロールする電子制御およびプログラミング技術、 インターネットやモバイル通信を実現して情報技術革命を先導する情報通信・ 情報処理技術、環境に優しいクリーンエネルギー技術などを幅広く学ぶことで、 新しい技術開発に適応でき、国際的に通用する電気電子技術者を育成します。
(3) 独創力およびコミュニケーション能力の育成
 情報技術革命・ナノテクノロジー、新エネルギー技術に象徴される地球規模での 科学技術の急速な発展に対応するため、論理的思考能力、表現力、グローバルな視野、 さらに諸現象に対する洞察力や知的探求心を培うものづくり教育、実験・実習を中心とした 自己獲得型技術教育を通して独創力の育成を図ります。さらに、様々な社会体験教育を推進 することで、コミュニケーション能力を育成します。

電子情報工学科

(1) 基礎的な学力と能力の育成
 現代社会は、コンピュータ無くして機能しなくなっています。電子情報 工学科は、物理・数学などの基礎科目を基に、専門科目によってコンピュータの ハードウェアとソフトウェアの基礎をバランスよく体系的に修得させます。 更にソフトウェアとハードウェアにまたがる演習を通して基礎能力を育成します。
(2) 変化するIT社会に対応できる応用力の育成
 専門基礎科目を応用し、電子工学及び情報工学に必要な専門分野について 幅広く学習します。インターネットやモバイル機器のもととなるコンピュータ技術、 コミュニケーション技術、機器制御技術などのIT技術を駆使して社会に貢献できる 応用力を持った技術者の育成を目指します。
(3) 実験実習や卒業研究をとおした実践的能力や創造能力の育成
 専門科目の進度にあわせた実験実習で、体験を通して基となる理論を理解・ 定着させるように努めています。校外実習は全員参加を基本姿勢にして、実社会での 実践力と問題解決能力の育成を図ります。卒業研究では、学生自身が自主的に選んだ 研究テーマに対して、問題解決のための工学的なアプローチ手法とその成果を プレゼンテーションする手法を習得させるためにきめ細かい指導を行います。

物質工学科

(1) 物質工学に必要な基礎科学及び幅広い専門基礎能力の育成
 応用数学・工学基礎物理・情報処理・基礎工学概論などの基礎科学を学び、 さらに、物質工学の基礎となる無機化学・有機化学・分析化学・生物化学・ 物理化学・化学工学などを体系的に修得することで、物質の本質を理解し、 応用化学及び生物化学的手法により新物質を開発する際に必要とされる幅広い基礎能力を育成します。
(2) 材料工学あるいは生物工学を得意とする専門能力の育成
 材料工学コースでは、無機・有機材料の合成法や物性を修得することで、 生物工学コースでは化学を基礎とした微生物学や遺伝子工学を修得することで、 化学品・医薬品・食品等の得意とする専門分野で活躍できる技術者を育成します。
(3) 実践的能力及びプレゼンテーション能力の育成
 校外研修、工場見学旅行、夏季校外実習などの体験型学習により、実社会に おける実践力や問題解決能力、プレゼンテーション能力の必要性を認識させながら、 学んだ知識を真に身につけさせるために5年間を通した工学実験により実践力、 理論的思考能力を育成し、卒業研究により問題解決能力、プレゼンテーション能力を育成します。

環境都市工学科

(1) 建設技術者に必要な基礎的な学力と能力の育成
 “豊かな・うるおいのある都市”を創造する技術者を養成するため、 環境都市工学科では構造力学・水理学・地盤工学などの力学系基礎科目を体系的に 教育することに加え、計画数理学、地域都市計画などの計画系科目、環境衛生工学、 環境保全工学などの環境系科目を重視し、理論に関する学習と演習をとおして理解を 深め、応用力を養うことに努めています。さらに、高度情報化社会に積極的に対応する ため情報処理能力の修得に力を入れています。
(2) 幅広い専門分野の理論に関する応用力の育成
 専門基礎科目を応用し、さらに一歩深く踏み込んで、環境都市工学に必要な幅広い 専門分野についても学習し、将来“豊かな・うるおいのある都市”の創造に関する いかなる分野に進んでも、十分に活躍できる技術者の養成を目指しています。 さらに専門科目(選択科目)も開講されており、学生は将来の進路に応じて選択・修得でき、 学習意欲が高まるように配慮されています。
(3) 実験実習や卒業研究を通した実践力と創造力の育成
 各専門科目の学習進度にあわせ実験実習を実施し、身をもって体験しながら理論を 理解させ、あわせて実践力・洞察力の育成に努めています。さらに卒業研究では学生自身に テーマを選ばせ、自発的な調査・研究を援助することにより、研究に対する工学的な アプローチ手法を修得させ、さらにその成果を発表することにより、とりまとめ・発表などの 能力の養成に努めています。

Pagetop