HOME > 学校案内 > 学校紹介 > 校長からの挨拶

校長からの挨拶

独立行政法人国立高等専門学校機構 福井工業高等専門学校 校長 松田 理




「知・徳・体」調和のとれた教育


                独立行政法人国立高等専門学校機構 福井工業高等専門学校 校長 松田 理 

本校は中学校卒業生を受入れ、早期から、5年一貫の技術者教育を行い、創造力と実践力とを併せ持つ研究開発型技術者を育成する国立の高等教育機関です。

機械、電気電子、電子情報、物質及び環境都市の5学科があり、実験・実習・演習を重視した実践的教育を行っています。

教育の大きな特徴は、一般科目とともに専門科目の授業が1年生からスタートし、学年が進むにつれてその科目数が増加するという、くさび型カリキュラムにあります。これによって学生は大学入試にわずらわされることなく、5年間を通して高い学習意欲を維持しつつ、効果的に学習に取り組むことができます。また、近年、グローバル人材の育成が求められ、外国語を始めとした一般教育の学習にも国際化に対応した配慮がなされています。

本校では青春期の人間形成のために、知・徳・体の調和のとれた教育を行い、豊かな創造力、旺盛な探究心及び感性豊かで健やかな身体を持つエンジニアを育成することを目指しています。

本校を卒業すると準学士の学位が授与されますが、さらに高度の科学技術の教育と研究指導を希望する学生には、2年制の専攻科が用意されており、専攻科を修了すると独立行政法人大学評価・学位授与機構から学士の学位が授与されます。

また、多くの大学の3年次への編入学の道も開かれています。

さらに、地域社会との連携協力にも力を注いでおり、地元自治体等との「地域連携協定」に基づき、また、本校に設置された「地域連携テクノセンター」を通して、地域産業界との技術交流、共同研究等を積極的に推進しています。

Pagetop