HOME > 学校案内 > 学校紹介 > 3つのポリシー(専攻科)

3つのポリシー
(専攻科)

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

専攻科共通

 専攻科は、得意とする専門分野を持つことに加え、関連する他の技術分野の知識と能力を積極的に吸収し、自然環境との調和を図りながら持続可能な社会を有機的にデザインすることのできる知識と能力を身に付けた、 国際社会で活躍できる実践的技術者となるような人材を育成することを目的にしています。

専攻科生産システム工学専攻

 専攻科生産システム工学専攻は、高等専門学校等で習得した基礎学力の基盤の上に、機械・設計関連、システム制御関連、電子・物性関連および情報・通信関連分野の知識を広く学び、これらを有機的に統合した生産システムの設計並びに開発研究等を行うことのできる創造力を持った実践的技術者となるような人材を育成することを目的とし、専攻科修了時点において学生が身に付けるべき能力(学習教育目標)を下記の通り定めます。 これらの能力の獲得と学則の定める所定の授業科目等を履修し、基準となる単位取得をもって人材像の達成と見なし、本校専攻科を修了した者が、大学改革支援・学位授与機構の審査に合格することによって学位を授与します。

専攻科環境システム工学専攻

 専攻科環境システム工学専攻は、高等専門学校等で習得した基礎学力の基盤の上に、構造・材料関連、生物・化学関連、環境・分析関連および防災・都市システム関連分野の知識を広く学び、これらを有機的に統合した環境システムの設計並びに開発研究等を行うことのできる創造力を持った実践的技術者となるような人材を育成することを目的とし、専攻科修了時点において学生が身に付けるべき能力(学習教育目標)を下記の通り定めます。 これらの能力の獲得と学則の定める所定の授業科目等を履修し、基準となる単位取得をもって人材像の達成と見なし、本校専攻科を修了した者が、大学改革支援・学位授与機構の審査に合格することによって学位を授与します。

専攻科の学生が修了時点において身に付けるべき能力(学習教育目標):専攻科共通

  • JA 地球的視点から多様な文化や価値観を認識できる能力を身に付ける。
  • JB 数学とその他の自然科学、情報処理、および異なる技術分野を含む問題にも対処できる、ものづくり・環境づくりに関する能力を身に付ける。
  • JC 国際社会で活躍する技術者に必要なコミュニケーション基礎能力を身に付ける。
  • JD 技術者に求められる基礎的なデザイン能力を身に付ける。
  • JE 実践的能力および論理的思考能力を総合的に身に付ける。

カリキュラム・ポリシー

専攻科共通

 専攻科は、高専5年間の教育課程の上に、より高度な専門知識と技術を教授し、創造的な研究開発や先端技術に対応でき、 かつ国際的にも通用する実践的技術者を養成します。具体的には以下の教育を実施します。

  1. 地球的視点から多様な文化や価値観を認識できるような教養教育を実施します。
  2. 国際社会で活躍する技術者に必要なコミュニケーション基礎能力、プレゼンテーション基礎能力を養成するための実践的コミュニケーション教育を実施します。
  3. 技術者に求められるデザイン能力を養成するためのPBL教育を実施します。
  4. 実社会に通用する実践的能力および論理的思考能力を養うために実験科目、演習科目、インターンシップ等の実践的な体験型教育を実施します。

専攻科生産システム工学専攻

 専攻科生産システム工学専攻は、技術の高度化、複雑化に対応できる総合化の能力と先進技術開発のための創造性を身に付け、 機械工学の分野、電気電子工学の分野、情報工学の分野に通じた人材を養成します。具体的には以下の教育方針として教育課程を編成しています。

  1. 専門工学の基礎として、数学、自然科学、情報関連の科目を配置します。
  2. 得意とする専門工学(機械工学の分野、電気電子工学の分野、情報工学の分野)をさらに充実させるための科目を配置します。
  3. 得意とする専門以外の関連する技術分野の科目も単位取得可能な仕組みにします。
  4. 専門工学を修めた実践的技術者としての総合力を磨くため、生産システム工学特別研究を2年間行います。

専攻科環境システム工学専攻

 専攻科環境システム工学専攻は、環境にやさしい製品や再資源化を前提とした製品の製造プロセスの開発等、あるいは地球環境、地域の環境を保全しつつ、自然災害に強い、 より安全で快適な都市づくりに通じた人材を養成します。具体的には以下の教育方針として教育課程を編成しています。

  1. 専門工学の基礎として、数学、自然科学、情報関連の科目を配置します。
  2. 得意とする専門工学(応用化学の分野、土木工学の分野)をさらに充実させるための科目を配置します。
  3. 得意とする専門以外の関連する技術分野の科目も単位取得可能な仕組みにします。
  4. 専門工学を修めた実践的技術者としての総合力を磨くため、環境システム工学特別研究を2年間行います。

○上述した科目群に係る単位修得の認定は、定期試験、レポート、口頭発表など多様な方法を用いて評価します。

アドミッション・ポリシー

専攻科共通

 本校専攻科では、次のような資質や意欲を持つ人を広く求めています。

  1. 得意とする工学分野の基礎能力(数学的素養を含む)を身に付けている人
  2. 何事にも自主的・能動的に臨む姿勢を持つ人
  3. ものづくり・環境づくりに意欲のある人
  4. 多様なシステムを理解し、創造的にデザインする能力を身に付けたい人
  5. 国際社会で活躍する実践的技術者を目指す人
  6. 学士(工学)の学位を取得したい人

Pagetop