HOME > 中学生の方へ > 学科紹介 > 物質工学科

物質工学科

物質工学科

物質工学科

物質工学科では、材料工学と生物工学の基礎を相互に関連づけて教育し、新しい技術に対応できる柔軟な思考力と応用力を持つ
“材料工学、生物工学両に通じた化科学技術者”の育成を目指しています。

マルチに化学技術を学ぶ

低学年では化学と生物に関する基礎科目、分析化学、無機化学、有機化学、生物化学、物理化学、化学工学などを履修し、高学年からは、材料工学コースと生物工学コースのいずれかを選択し、それぞれの専門科目や両コースに関連した専門共通科目を履修します。

さらに実験・実習や卒業研究によって実践的能力や開発・創造能力を養います。

物質工学科
専門科目
基礎科学系
化学反応の法則や物の調べ方など化学の基礎を学びます。身の回りに起こる様々な出来事を化学の視点で学びます。
材料工学系
産業の基盤となる素材の性質を学びます。セラミックスや炭素材料など、未来の材料の作り方を学びます。
生物工学・環境系
生物の中で起こっているいろいろな化学反応やそれを応用した遺伝子工学の基礎を学びます。自然の浄化作用やバイオの力を環境の保護・復元に役立てる方法を学びます。

学科からのメッセージ

ノーベル賞も夢ではありません

物質工学科 教授 吉村 忠與志

白川英樹先生、野依良治先生、田中耕一さんと最近日本人の化学者が相次いでノーベル賞を受賞しています。いずれも化学の分野の研究で、原子や分子の奥深い性質に興味を持ち続け地道に実験を重ねた成果であり、とても誇らしくうれしいことです。特に田中さんは「博士号を持たない受賞者」として有名になりました。私たちの物質工学科は、化学のおもしろさに出会えるように実験を重視し、工夫を凝らした授業を行っています。皆さんも先輩達に習い新しい可能性に挑戦してみませんか。

先輩からのアドバイス

まさに発見の連続

平成16年入学(粟野中学校出身)Y.S.君

高専での生活は毎日が驚きと発見に溢れています。例えば、物質工学科では中学校で習った化学の基礎をより専門的な見方で「何故そうなるのか」ということを学びます。日常目にする様々な現象や身の回りに転がるいろいろなものが、「化学」という分野から理解できるようになり、それが大きな発見を生み出します。そして、「実験」という形で実際に自分で試してみることによってさらにまた新しい発見ができるのです。皆さんも驚きと発見がいっぱいの充実した高専生活を送りませんか。

主な就職先

[ 福井県内 ]

ウラセ(株)、清川メッキ工業(株)、酒井化学工業(株)、(株)鯖江村田製作所、日華化学(株)、パナソニック(株)デバイス、(株)リコー福井事業、レンゴー(株)、福井県警、信越化学工業(株)、サカイオーベックス(株)、KBセーレン(株)、(株)SHINDO

[ 県外 ]

旭化成(株)、出光興産(株)、花王(株)、(株)豊田中央研究所、日東電工(株)、日本原子力発電(株)、日本たばこ産業(株)、森永乳業(株)、ユニチカ(株)、東レ(株)、ダイキン工業(株)、雪印メグミルク(株)、第一三共プロファーマ(株)、京セラ(株)、関西電力(株)、大阪シーリング印刷(株)
主な進学先

長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、北海道大学、筑波大学、東京農工大学、東京工業大学、金沢大学、福井大学、大阪大学、神戸大学、奈良女子大学、岡山大学、広島大学、九州大学、福井高専専攻科

Pagetop