HOME > 中学生の方へ > 学科紹介 > 電子情報工学科

電子情報工学科

電子情報工学科

電子情報工学科

電子情報工学科では、社会の基盤となるコンピュータ技術、コミュニケーション技術、ロボットに代表されるコントロール技術の分野で、コンピュータを自由に駆使して種々の問題を解決する能力のあるエンジニアの養成を目指しています。

コンピュータ技術を学ぶ

低学年では、コンピュータを操作しながら情報工学の基礎、電気・電子工学の基礎を学び、高学年では、情報理論、情報数学、情報構造論、ソフトウェア工学などと共に制御工学、通信システム、情報ネットワークなどの高度な専門科目を学びます。また、実験実習、卒業研究によって実践的な能力を身につけると共に、深い洞察力と創造力を養います。

電子情報工学科
専門科目
電子系
さまざまな電子機器を設計するための技術を学びます。パソコンなどのコンピュータだけでなく、身の回りにあるほとんどの機器に使われている技術です。
計算機・ネットワーク系
コンピュータシステムの構成はどうなっているか、ネットワークとはどのようなものか、いわゆるハードウェア、ソフトウェアに関して学びます。
応用系
コンピュータを使うとどのようなことができるのか、コンピュータを核とした応用分野とは、また情報とは何かという情報そのものに関することを学びます。

学科からのメッセージ

電子情報を制する者が世界を制す

電子情報工学科 准教授 西 仁司

ネットゲームを世界中の人とプレイする、自動制御ロボットが夜の見回りをする、携帯電話で友達の顔を見ながら電話する・・・。こんなことが実現したのは、超高速で働く電子を操って、様々な情報を発信・伝達・受信・記憶・処理することが可能になったからです。そしてこれら電子・情報の技術は、人間社会全体をもゆりうごかす力を持っています。
電子情報工学科はこれらの技術を持ったエンジニアへの近道になります。先生方のサポートや同じ志を持った先輩・友人との出会いは皆さんの可能性を限りなく大きくするでしょう。これからの世界をリードする皆さんを待っています!

先輩からのアドバイス

自ら高専生活を忙しくしよう

平成14年入学(三国中学校出身)Y.M.さん

高専では、自分が自由に使える時間が沢山出来ます。その時間をどれだけ有効に使えたかで、高専生活が全然違ってきます。例えば部活動です。私の友達には3つ掛け持ちしている強者もいます。その他にも、人間関係を深めることや趣味・学校行事・資格取得等、色々と手を出していきましょう。しかし、それらをがんばりすぎて、勉学を怠らないようにして下さい。やりたい事とやるべき事の両方をがんばるのは、大変なことですが、積極的に挑戦しましょう。そうすれば、充実した高専生活を送ることが出来るでしょう。

在学中に取得が可能な主な資格
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ディジタル技術検定
  • 工事担任者
主な就職先

[ 福井県内 ]

アイジュピタ(株)、(株)ウォンツ、江守商事(株)、オリオン電機(株)、(株)ジークス、(株)jig.jp、(株)システム研究所、(株)テクニカフクイ、パナソニックエレクトロニックデバイスジャパン(株)、(株)ビジュアルソフト、福井キャノン事務機(株)、(株)松浦機械製作所、(株)リコー福井事業所

[ 県外 ]

アドソル日進(株)、エーアイテクノロジー(株)、NECネッツエスアイ(株)、(株)NTTネオメイト、大阪ガス(株)、大阪シーリング印刷(株)、京セラ(株)滋賀蒲生工場、ソニーエンジニアリング(株)、中部電力(株)、NTT西日本(株)、(株)日新システムズ、日新電機(株)、(株)半導体エネルギー研究所、富士通(株)、(株)富士通アドバンストソリューションズ、フジテック(株)、三菱電機インフォメーションテクノロジー(株)
主な進学先

筑波大学、東京工業大学、名古屋大学、豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学、新潟大学、金沢大学、福井高専専攻科、福井大学、岐阜大学、京都大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、神戸大学、和歌山大学、岡山大学

Pagetop