HOME > 中学生の方へ > 学科紹介 > 環境都市工学科

環境都市工学科

環境都市工学科

環境都市工学科

環境都市工学科では、生命への愛をもって、人々の発展のために、自然と共生することを学びます。快適で安全な環境を整えるための土木工学・建築学技術、土木工学・建築学、都市づくりの理念や方法などを学びます。

時代と共に進化し続ける
環境都市工学科

地球や地域の環境を保全し、自然災害に強い都市づくりの必要性が日に日に大きくなってきています。環境都市工学科では、現代社会の要請に応えるべく、より快適で安全な環境を計画、創生、保全、評価する最新技術を学ぶと共に、「ひと、もの、いきもの」が共に暮らす都市(まち)づくりの理念や方法を身につけた、住民のための環境都市・社会基盤施設・建築物をつくる技術者を育成します。

環境都市工学科
専門科目
構造系
建築物や社会資本(道路、鉄道、橋梁など)を設計し、構築するための技術を学びます。新しくつくるだけでなく、現状の建築や社会資本の保全・防災についても学びます。
計画系
環境都市の計画、人の交流、地域や産業を活性化する計画について学びます。 安全でスムーズな交通のための施設(道路、鉄道など)の計画について学びます。
環境系
水の循環や利用、水辺環境、河川や海岸、上下水道の整備について学びます。 持続可能な環境都市を目指し、環境の監視・評価・保全の方法について学びます。

学科からのメッセージ

安全で快適なまちづくりを目指して

環境都市工学科 助教江本 晃美

みなさんは「建築物」で生活し、「道」や「橋」を利用していますね。安全で快適なまちでは、川の堤防が安全を確保したり、都市の中の緑地・公園が憩いの場となったりしています。これらは、確かな技術と総合的な計画によってつくられています。環境都市工学科では、安全で持続可能な美しいまちをつくるために、環境に配慮した計画的で効率的な都市づくりができる総合的な建設技術者を育てます!

先輩からのアドバイス

目標をもつこと

平成18年入学(守山中学校(滋賀県)出身)Y.N.君

「環境都市」という名前だけを聞いても、その意味は誰も分からないかもしれません。でも、この学科には、自分だけの意味を見つけて入学してきた人はたくさんいます。「自然を守りたい!」、「人々に優しい街をつくりたい!」いっぱいあると思います。ここを読んでいるあなたは、この学科の名前にどんな意味を思い浮かべますか?あなたが「環境都市」という名前にすばらしい意味を見いだして、入学してくれることを願います。

在学中に取得が可能な主な資格
  • 測量士、測量士補
  • 技術士一次試験
  • 公害防止管理者
  • CAD利用技術者 など

※環境都市工学科では、多くの資格認定校になっており、資格によっては学科試験が免除される場合があります。

主な就職先

[ 福井県内 ]

福井県、福井市、敦賀市、鯖江市、越前市、坂井市、福井県建設技術公社、坂川建設(株)、田中建設(株)、(株)辻広組、(株)西村組、(株)丸一調査設計、ジビル調査設計(株)、(株)ミルコン、セキサンピーシー(株)など

[ 県外 ]

国土交通省、東京都、中部電力(株)、北陸電力(株)、(株)大阪ガス、東邦ガス(株)、東京水道サービス(株)、JR東海(株)、JR西日本(株)、(株)レールテック、清水建設(株)、鴻池組(株)、(株)NIPPO、前田道路(株)、東芝エレベータ(株)など
主な進学先

福井高専専攻科、長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、広島大学、金沢大学、岐阜大学、福井大学、三重大学、滋賀県立大学など

Pagetop