2011.03.10
過去の戦歴に「2010年」を追加。
3DCGに「2009年 ヤチマタ」を追加。
2010.03.25
過去の戦歴に「2009年」を追加。
3DCGに「2008年 タマゴン」を追加。
2009.05.18
過去の戦歴に「2008年」を追加。
3DCGに「2007年 塔迅坊」を追加。
3DCGに「2007年 鯖竜」を追加。
QTVRに「2007年 塔迅坊」を追加。
QTVRに「2007年 鯖竜」を追加。
2008.05.08
過去の戦歴の写真を変更。
パネルの写真を変更。
3DCGの作成のページを変更。
アニメーションの作成のページを変更。
2008.04.07
サイトリニューアル。
過去の戦歴に「2007年」を追加。
3DCGに「2005年 下司MAX」を追加。
3DCGに「2006年 BRIX」を追加。
QTVRに「2005年 下司MAX」を追加。
QTVRに「2006年 BRIX」を追加。
2007.05.07
過去の戦歴に「2006年」を追加。
3DCGに「2002年 バランスボックス」を追加。
QTVRに「2002年 バランスボックス」を追加。
QTVRに「2002年 キャリーパー」を追加。
2006.04.03
「QTVR」のページを追加。
2006.02.10
過去の戦歴に「2005年」を追加。
2005.03.05
3DCGに「2004年 キャリーパー」を追加。
2004.12.09
ロボットデモに写真を追加。
2004.10.22
サイトオープン。
2011.02.26
鯖江市北中山小学校の依頼により、午前10時45分から約1時間半、北中山小学校体育館で、ロボコン出場ロボットなどアイデアロボットのデモと操縦体験を行いました。小学生と幼稚園の児童が合計約250名で、保護者を併せると約500名もの参加者で賑わいました。特に昨年の大会で大活躍した福井高専「Air Walker」の実演と、ホバーへの試乗体験が好評でした。デモ見学後に行った本校のロボコンメンバーの指導による操縦体験も好評で、たくさんの児童が楽しそうにアイデアロボットを操縦しました。
2011.01.28
電気工学分野の研究、教育を全国的に支援する団体:パワーアカデミー(2008年4付き創設)のホームページに、高専ロボコンを紹介するページがあり、福井高専「Air Walker」の記事が、「ホバークラフトで国技館を遊泳歩行!」「全国大会唯一のホバークラフトを成功させる」というタイトルで詳しく掲載されました。大会の様子の他に、電気工学関連のユニークな技術として、電気制御関係を担当した留学生のホバー用制御回路設計の記事が紹介されています。                   ぜひ以下のホームページにアクセスして下さい!
http://www.power-academy.jp/special/robocon2010/
   
2010.12.25
高専ロボコン2010全国大会の様子(全試合版)が、BS2の番組として、午後1時30分〜2時59分の時間帯に放映されました。ここでも福井高専で取材したホバークラフトの浮上機構や練習風景も含め、数分間にわたり放映されました。
2010.12.04
高専ロボコン2010全国大会の様子(編集版)が、NHK総合で、午後11時00分〜11時59分の時間帯に放映されました。編集版では、八戸高専との試合が最初の試合として詳しく放映され、福井高専で取材したホバークラフトの浮上機構や練習風景も含め、予想以上の長時間にわたり放送されました。
2010.11.21
高専ロボコン2010全国大会終了!!        福井高専「Air Walker」は、全国大会の一回戦で、八戸高専に勝ちましたが、二回戦で富山高専射水キャンパスと対戦し、途中まで勝っていましたが、ゴール直前にロボットが故障してホバーが浮上しなくなり、惜しくも敗退しました。全国大会では軽量化とスピードアップを図り、三人乗りも可能なように大幅に改造しましたが、送風部のコンデンサーが本番で外れたための故障で、女子選手の涙顔が国技館のスクリーンに大きく映されました。 たくさんの温かいご声援ありがとうございました。
2010.11.13
高専ロボコン2010東海北陸地区大会の様子が、NHK総合(15:05〜15:59)で放映されました。
2010.10.13
福井新聞に全国大会に出場するロボットとメンバーの紹介記事が掲載されました。 
「福井デザイン賞」、「東海北陸ロボコン11年連続全国へ」という見出しで、2足歩行ロボットに取り付けられた市販の掃除機のモーターからの送風を使って、フバークラフトの原理で人間が乗った台車を浮上させるユニークなデザイン力が評価されたことを紹介しています。また、メンバーには福井高専としては初めての女子学生やインドネシアからの留学生が含まれていることなども紹介されました。
2010.10.03
スカイホール豊田で高専ロボコン2010東海北陸地区大会が開催されました。23回目となる今大会の競技課題は「激走!ロボ力車(リキシャ)」、2足歩行ロボットが乗り物い乗った人をゴールまで運ぶ早さを競います。
福井高専Aチーム「Air Walker(エアー・ウォーカー)」は準決勝で敗退しましたが、ホバークラフトの原理を用いて人間を乗せて浮上するというユニークなデザインが評価され、デザイン賞と特別賞に選ばれ、全国大会出場の4校の中に入りました。福井高専は、これで11年連続の全国大会進出を決めることができました。また、福井高専Bチームの「もんじゅの知恵」は、残念ながら一回戦で敗退しました。
なお、地区大会の様子は、11月13日(土)にNHK総合テレビで放映される予定です。
2010.06.19
中学3年生、保護者、中学校教員を対象にした福井高専の「あじさいオープンキャンパス」で、ロボコンに参加したアイデアロボットの実演・展示を行いました。
2010.05.31
高専ロボコンの校内審査会が開催され、機械工学科4年が代表学生の2チームが選ばれました。
2010.3.14
鯖江市神明公民館の依頼により、午前9時30分から約1時間、鯖江市神明健康スポーツセンターで、ロボコン出場ロボットなどアイデアロボットのデモと操縦体験を行いました。 参加者は約100名で、その内地元の小学生が約70名おり、デモ見学後、本校のロボコンメンバーの指導により、楽しそうにロボット操縦を体験していました。
2010.1.1
高専ロボコン2009全国大会の様子が、BS2の正月番組として、午前10時00分〜11時30分の時間帯に放映されました。年末の放送とは異なる内容で編集されており、特集された話題の一つとして、本校のロボコンチームでは初めての参加となる留学生が大きく紹介されました。母国のインドネシアで数年前にあった大津波の被害からレスキューロボットに興味を持ち福井高専に留学したこと、寮生活やロボコンに打ち込んでいる様子などが数分間放映されました。
2009.12.28
高専ロボコン2009全国大会の様子が、NHK総合の年末番組として、午後10時00分〜11時13分の時間帯に放映されました。
2009.11.23
高専ロボコン2009全国大会終了!! 福井高専「ヤチマタ」は、全国大会のファーストステージ(予選;高得点の上位8チームが決勝トーナメントに進出)で、地区大会の決勝と同じ豊田高専と対戦することになりました。途中まで30対30で同点でしたが、地区大会と同様に、終了間際にローリングジャンプの大技に挑戦しましたが、今回はわずかに回転が360度に達しなかったため、30点の成績で終わりました。この大技が決まっていれば50点で、40点以上が決勝トーナメント(準々決勝)へ進むことになったこと、また前日のテストランでは回転が決まり、転倒後さらにロボットが立ち上がり60点も可能になっていたため、非常に惜しまれる結果でした。 たくさんの温かいご声援ありがとうございました。
2009.11.15
高専ロボコン2009東海北陸地区大会の様子が、NHK総合(13:35〜14:29)で放映されました。
2009.10.28
NHK福井放送局制作の「ザウルス福井」というNHK総合テレビの夕方の番組に、全国大会へ向けた本校チームのロボット改良風景が、18時30分頃に約5分間生放送で放映されました。
2009.10.15
福井新聞に全国大会に出場するロボットとメンバーの紹介記事が掲載されました。 「福井高専逆転V全国へ10年連続」、「終了間際、大技ジャンプ」、という見出しで、地区大会の土壇場での逆転優勝の様子、「ヤチマタ」が九頭竜川を治水した伝説の古代の王と守り神の竜の伝説をモチーフにしたこと、10年連続出場の福井高専チームの抱負などが紹介されました。なお、福井新聞ホームページの動画ニュースに、新聞記事の文面と「ヤチマタ」の練習風景の動画が掲載されました。
2009.10.11
いしかわ総合スポーツセンターで高専ロボコン2009東海北陸地区大会が開催されました。22回目となる今大会の競技課題は「DANCIN’ COUPLE ダンシングカップル」、2台の歩行ロボットが繰り広げるダンスパフォーマンスです。福井高専Aチーム「ヤチマタ」は決勝戦で豊田高専と対決し、40対20で負けていましたが、試合終了間際に一発逆転が可能な高難易度のローリングジャンプを決めて同点となり、審査員判定で優勝となりました。福井高専はこれで念願の10年連続の全国大会進出を決めることができました。また、福井高専Bチームの「フクリュウ親子」も健闘し、ベスト4まで進出しました。 なお、地区大会の様子は、11月15日(日)にNHK総合テレビで放映される予定です。
2009.08.08,09
サンドームふくいで開催された「遊・誘・愉おもしろフェスタ」の福井高専コーナーで、ロボコンに参加したアイデアロボットの実演・展示を行いました。
2009.06.20
中学3年生、保護者、中学校教員を対象にした福井高専の「あじさいオープンキャンパス」で、ロボコンに参加したアイデアロボットの実演・展示を行いました。
2009.05.20
高専ロボコンの校内審査会が開催され、機械工学科4年が代表学生の2チームが選ばれました。
2008.12.30
高専ロボコン2008全国大会の様子が、NHK総合の年末番組として、午後9時15分〜10時24分の時間帯に放映されました。
2008.12.25
福井県内で市販されている生活情報月刊誌「URARA(月刊ウララ)」の2009年1月号の特集記事「2009年はこの人に注目!福井を面白くするキーマン列伝」の中で、本校のロボコンチームの写真と記事が掲載されました。未来を担う若き技術者集団「福井高専ロボコン研究会」が9年連続で全国大会出場という偉業を成し遂げたことと、次回大会への意気込みが書かれています。
2008.11.23
高専ロボコン2008全国大会終了!!
福井高専「タマごん」は、前半のカブトムシの多足歩行中に電波障害で卵の中のドラゴンが暴走し、ハードルを越える前に卵が割れてしまいました。またその時の負荷でドラゴンが壊れてしまい、改良後の2足歩行の様子を披露できませんでした。
なお、福井高専チームは、4年前からROBO-ONEという二足歩行ロボットの大会を通して、安価な部品を用いた全て手作りのサーボモータによる二足歩行に挑戦してきました。今回、生まれたてのメカドラゴンの歩みをリアルに表現するために応用し、試行錯誤の結果、ゆっくりでありますが、初めて二足歩行をすることに成功しました。
たくさんの温かいご声援ありがとうございました。
2008.11.16
高専ロボコン2008東海北陸地区大会の様子が、NHK総合(13:05〜13:59)で放映されました。
2008.11.14
先日ロボコンの授業やデモを行った六条小学校の6年生の児童全員から絵付きの手紙をプレゼントしていただき、大変感激いたしました。今後もこういう活動もできるだけ続けていきたいと思いました。
2008.11.12
NHK福井放送局制作の「LIVE610」というNHK総合テレビの夕方の番組に、全国大会へ向けた本校チームのロボット改良風景が18時30分頃に生放送で放映されました。
2008.11.08
福井市六条小学校で開催された「はばたけ六条っ子、達人に学ぶ」の行事に、本校のロボコン研究会が招待されました。まず、6年生に「6足−2足歩行ロボットサッカー大会」の公開授業を行い、その後体育館で全校児童や地域の方々を前にして、ロボコンの話と今年のロボコン出場ロボットなどのデモを行い、その後児童にロボットの操縦体験をしてもらいました。福井市の教育長も特別に見学され、小学校の児童からは大歓迎を受けました。小学校の給食をいただいて帰りましたが、参加メンバーにとっても非常に楽しい貴重な体験となりました。
2008.10.17
福井新聞に全国大会に出場するロボットとメンバーの紹介記事が掲載されました。
カブトムシ→恐竜に進化「タマごん」改良に熱、という見出しで、2足歩行ロボットの改良に余念がない9年連続出場の福井高専チームの様子が紹介されました。
2008.10.12
三重県営総合競技場体育館本館で開催された高専ロボコン2008東海北陸地区大会において、
福井高専Aチーム「タマごん」がベスト4まで勝ち進み、自作サーボの2足歩行技術などが評価されて技術賞となりました。さらに全国大会(11月23日)に推薦され、9年連続で国技館に出場することになりました。
一方、福井高専Bチーム「ジュエリーフィッシュ」は、越前くらげを題材にした愛嬌のあるロボットでちびっ子に人気があり、こちらもベスト4まで勝ち進みました。
なお、地区大会の様子は、11月16日(日)にNHK総合テレビで放映される予定です。
2008.09.06
敦賀市きらめきみなと館大ホールで開催された第34回敦賀市小中学校児童生徒理科作品展で、ロボコンに参加したアイデアロボットの実演・展示を行いました。
2008.08.09,10
サンドームふくいで開催された「遊・誘・愉おもしろフェスタ」の福井高専コーナーで、ロボコンに参加したアイデアロボットの実演・展示を行いました。
2008.05.23
高専ロボコンの校内審査会が開催され、機械工学科5年と機械工学科4年が代表学生の2チームが選ばれました。
2008.03.25
ユー・アイふくい(福井県生活学習館)で開催された「春休み子どもおもしろランド」で、ロボコン出場学生のメンバーが、昨年の騎馬戦ロボットなどアイデアロボットの実演を行いました。デモ後のロボット操縦体験では、会場の子供たちが楽しそうにロボットに触って遊んでいました。
2008.03.22,23
ロボコン出場学生の有志が、第13回ROBO-ONE(二足歩行ロボットの全国大会、会場;後楽園ホール)に今年も挑戦しました。
2007.12.31
高専ロボコン20周年を記念して、12月31日の午前0時〜3時に、NHK教育テレビで、ロボコン20年の完全記録という過去20回の名勝負の特集番組が放映されました。
2007.12.26
年の瀬の26日(水)19:30〜20:39に、NHK総合テレビで全国大会の内容が放映されました。本校の「塔迅坊」と和歌山高専の旗を取り合う死闘の様子や本校の小ロボットから煙が出ている風景などが紹介され、接戦だったことが改めて実感されました。
2007.12.22
高専ロボコン20周年を記念して、12月22日(土)の15:05〜15:59に、NHK総合テレビで、ロボコン大百科〜若きエンジニアたちの20年の軌跡〜」という特集番組が放映されました。本校の2度目の大賞ロボット「G.G.ウォーカー」や優雅に連射で輪投げをする「ドラゴンフライ」などが紹介されていました。
2007.11.25
高専ロボコン2007全国大会終了!!福井高専「塔迅坊」は大小2台のロボットのコンビネーションで、1回戦、2回戦と順調に勝ち進みました。準々決勝(ベスト8)で準優勝になった和歌山高専にリードしていましたが、本校小ロボットのモーター発火が原因で同点に追いつかれ、審査員判定で惜しくも敗れてしまいました。ご声援ありがとうございました。
2007.11.14
NHK福井放送局制作の「LIVE610」というNHK総合テレビの夕方の番組に、全国大会へ向けた本校チームのロボット改良風景が18時30分頃に生放送で放映されました。
2007.10.31
福井新聞に全国大会に出場するロボットとメンバーの紹介記事が掲載されました。ロボ騎馬戦「2冠狙う」、本番まで耐久性改良という見出しで、ロボットの改良に余念がない8年連続出場の福井高専チームの様子が紹介されました。
2007.10.21
富山高専第1体育館で開催された高専ロボコン2007東海北陸地区大会において、福井高専Bチーム「塔迅坊(とうじんぼう)」が金沢高専Aに競り勝って見事優勝!!全国大会(11月25日、国技館)に出場することになりました。断崖絶壁の名所である東尋坊がロボット名の由来であるが、絶大なる破壊力を持つタワー型ロボット(塔)と小柄で素早い動きの小型ロボット(迅)2台の抜群のコンビネーションは、国技館での活躍が期待されます。一方、福井高専Aチーム「鯖竜」は、2台のロボットが並ぶと恐竜の形に似た速さと強さを兼ね備えたロボットでしたが、1台のロボットが転倒し金沢高専Aに惜敗しました。ただ、地区大会で注目を集めたロボットとして、アイデア賞と特別賞をW受賞しました。なお、地区大会の様子は、11月25日(日)14:00〜14:54にNHK総合テレビで放映される予定です。
2007.09.24
中日新聞の「中高生WEEKLY」のコーナーに、福井高専の今年度のロボコンへの取り組み状況が掲載されました。「目指せ全国制覇」「知力、体力フル回転」という見出しで、ロボコン出場メンバー2チームのロボット製作に没頭している様子が、4コマ漫画入りの長い記事で紹介されました。
2007.05.23
高専ロボコン校内審査会。電気工学科5年と機械工学科4年が代表学生の2チームが選ばれました。
2007.03.24,25
ロボコン出場学生の有志5名が、ROBO-ONE(二足歩行ロボットの全国大会)に今年も挑戦しました。本校からは「アルミン」と「ゲジモン」の2機をエントリーし、アルミンの方は、180機を超えるロボットの中から予選を通過しましたが、本選出場枠(32機)には選ばれませんでした。一方、ゲジモンの方は予選を通過できなかったものの、本大会で最大の手作りロボット(身長114cm!)であることから大変注目を集め、特別に時間をいただき、ステージで約10分のPRを行うことができました。
2006.12.30
年の瀬の30日(土)21:15〜22:25に、NHK総合テレビで全国大会の内容が放映されました。選手がロボットに声援を送る福井高専」という紹介で、本校ロボットの試合風景が予想以上に長く放送されました。実はなわとびをする時のエネルギーを蓄えるゴムを伸ばすのに時間がかかるため、操縦者(リーダー)を含め選手全員が自動ロボットに大声で「飛べー!飛べー!」と力を込めて声援を送っていたのです。この声援が運を引き寄せたのかもしれません。
2006.11.26
高専ロボコン2006全国大会終了!!福井高専「BRIX(ブリックス)」が確実で安定した動きで毎回ふるさとゴールを決め、接戦を勝ち抜いて見事ベスト4(準決勝)に進出しました。ご声援ありがとうございました。
2006.11.15
福井新聞に全国大会に出場するロボットとメンバーの紹介記事が掲載されました。全国「ロボコン」福井高専7年連続出場、アイデアも速さも勝負、「メガネガニ」で福井自慢という見出しです。
2006.11.13
NHK福井の夕方のニュース番組「LIVE610」で、地区大会に出場した2台のロボットと全国大会に向けたロボコン製作室(ドリームラボ)での改造風景が生放送で放映されました。
2006.10.29
沼津市市民体育館(沼津高専運営)で開催された高専ロボコン2006 東海北陸地区大会において、福井高専Bチーム「BRIX(ブリックス)」が見事優勝!!全国大会(11月26日、国技館)に出場することになりました。福井名産のめがねをかけた越前ガニのオブジェを安定した動きで運ぶBRIXは国技館を沸かせることでしょう!!福井高専Aチーム「下司ゴム」は昨年の「下司MAX」の伝統を引き継いだゴムによるジャンプにこだわったロボットで、奇想天外な動きが注目を集め、特別賞を受賞しました。なお、地区大会の様子は、11月23日(木・祝)13:05〜13:55にNHK総合テレビで放映される予定です。
2006.10.08
ユー・アイふくい(福井県生活学習館)で開催されたまなびフェスタ2006で、ロボコン出場学生のメンバーが、アイデアロボットの実演を行いました。デモ後のロボット操縦体験では、会場の子供たちが楽しそうにロボットに触って遊んでいました。
2006.05.25
高専ロボコン校内審査会。電気工学科5年と機械工学科4年が代表学生の2チームが選ばれました。また、アイデア部門として、機械工学科4年の学生が表彰されました。
2006.3
ロボコン製作を主とした多目的スペース「夢づくり工房(ドリームラボ)」が機械実習工場内に新設されました。昨年実験室をリフォームし、年度末にエアコンを設置いたしました。夜遅くまでロボコン製作に汗を流している学生にとっては、製作場所近くでロボットの調整が可能となり、製作期間が短縮され、より安全で快適な作業環境が整ったといえます。ロボコンに情熱を燃やす学生たちの夢を形に変える場所として、このドリームラボが有効に活用されることを期待します。
2006.3.18,19
ロボコン出場学生の有志が、ROBO-ONE(二足歩行ロボットの全国大会)に今年も挑戦しました。
2005.12.04
高専ロボコン2005全国大会終了!!「下司MAX」が特別賞(電気事業連合会賞)を受賞!!ご声援ありがとうございました。
2005.10.30
金沢高専で開催された高専ロボコン2005東海北陸地区大会において福井高専Aチーム「下司MAX」がアイデア賞を受賞!!全国大会(12月4日(日)、国技館)に出場することになりました。このロボットはロボコン史上初のジャンプをするロボットです。13kgのロボットが奇想天外な方法でハードルを飛び越える様子は国技館を沸かせることでしょう!!なお、地区大会の内容は11月23日(水・祝)13:05〜14:00にNHK総合テレビで放映される予定です。
2005.05.31
高専ロボコン2005校内審査会。機械工学科4年、電気工学科4年の2チームが選ばれました。また、アイデア部門として機械工学科2年チームが選ばれました。
2005.03.19,20
機械工学科の学生がROBO-ONE(二足歩行ロボットの全国大会)に挑戦!!
2005.02.14
先日収録された様子が福井テレビの「い〜ざぁ ええDay(旅人 眞鍋かをり)」で放送されました。
2005.01.24
福井テレビから取材があり、学生が作ったロボットやデモ用のロボットをいくつか紹介しました。
2004.11.28
高専ロボコン2004全国大会終了!!キャリーパー:3回戦敗退。ご声援ありがとうございました。
2004.10.22
3DCGの製作方法を紹介したHPがふくいソフトウェアコンペティション2004にて奨励賞を受賞しました。