福井工業高等専門学校
  地域連携テクノセンター

アントレプレナー
  サポートセンター


■始めに

 福井高専地域連携テクノセンター アントレプレナーサポートセンターでは、これから起業し、あるいは自らのアイデアを事業化したいという学生・地域の技術者を対象に、オフィス・スペースを提供すると共に、インキュベーション・マネージャーを中心としたソフト支援の提供を充実させることで、確度の高い事業創出を図ることを目的とする。併せて、このような環境を本校の創造キャリア教育の中心と位置づけ、一般の学生たちに『企業活動の本質』に触れる機会を提供し、実社会で通用する人材育成に寄与する。
 また、起業家予備軍への支援に加え、地域の産学官ネットワークの構築による産業クラスターの形成を推進し、中小企業及びベンチャーを中心とした力のある産地を創造することにより、製造出荷額・雇用・税収の増加につなげ、地域経済全体の活性化に貢献したい。

■コンセプト (取り組みが求める成果と効果)

 このプロジェクトを実施することにより次のような成果と効果が考えられる。

◆ 起業を志す学生に技術支援、ビジネススキルを教えるキャリア教育を総合的に行う。他の学生もこれらの特別講義を聴講したり、卒業研究・特別研究・インターンシップなどで参加するなどキャリア教育を受けることができる。このことにより学校全体のアントレプレナーシップを醸成することができる。

◆ ブースに入所した学生が実際に起業しない場合でも、ビジネスプランを構築する際の学習がキャリア教育となり、就労経験と同様な成果がある。

◆ 起業家を育成し、ベンチャービジネスの創出を図ることは地域産業界における新しい雇用創出と地域支援となる。

◆ このプロジェクト実施の最大の目的と求める効果は、このセンターを開設することにより、本校学生が、同じ学校内に起業を準備する先輩、友人を通して、起業体験を見聞きできることである。このことにより、学生の自主独立の精神を促したい。さらに、学生が平素に学んでいる学習内容の目的を理解することとなり、学習意欲の向上となる。

■施設概要
所在地
  鯖江市下司町 福井工業高等専門学校 地域連携テクノセンター 3階
提供スペース
  6ブース(オープンタイプ/幅120p×奥行90p)
設備(個別)
  事務机、事務用椅子、電気照明、インターネット接続用LAN回線、電源設備(電気容量10A×1回路)、ロッカー(共用)、電気照明、空調設備、コピー機(有料)、ミーティングルーム兼研修室
駐車場
  あり(無料)
休 日
  日曜日、国民の祝日、年末年始
利用時間
  平日 9:00〜21:00、土曜日 9:00〜18:00

■利用要件

利用料金 4,600円/月(光熱費等含む)

入居期間 6ヶ月間(1年以内延長可)

■支援内容

1. 指導は本校教職員だけでなく、県内の起業オーナー、技術者、銀行関係者、証券会社関係者らによるアドバイザー、コーディネーターがチームを組んで対応する。

2. 地元の鯖江市はこのアントレプレナーサポートセンターに次のような支援を行うこととなっている。

(1)活動状況などの市広報紙、ホームページなどによる広報活動を行う。

(2)アントレプレナーサポートセンター修了者が鯖江市内で起業する場合、事務所の入居料の一部負担。

(3) 鯖江市の職員(インキュベーションマネージャー)によるビジネススキルに関する指導支援。

本校はこのような地元行政との連携によって、このプロジェクトを進めたい。

■入居要件
 入居要件は、人物中心の評価を中心とする。起業時に伴う困難に対し、目標到達に向けて事業を進めるための気力・体力を持ち、事業性人格を備えていることが望まれる。
 また、一定期間公共の施設で活動するため、協調性も必要とされる。
 具体的には、下記の要件を求める。

・創業への意欲

・経営者資質(事業性人格)

・ビジネスシーズ(技術シーズとは区別すべき)

アントレプレナ−サポ−トセンタ−を活用した福井高専の現代GP 『起業家育成による実践的キャリア教育の推進』(平成19年度〜平成21年度実施)については,こちらのwebsiteをご覧ください。