福井高専の現代GPについて

福井高専では、現代GPプロジェクト推進会議を中心として以下の2件の現代GPを実施しました。


起業家育成による実践的キャリア教育の推進 (H19〜21年度)

〜アントレプレナーサポートセンターにおける起業家育成〜

本校内に設置されている起業支援オフィス「アントレプレナーサポートセンター」を中心として、高専生に起業に対する興味と理解を深めてもらうためにセミナーやパネルディスカッションなどのほか、起業しているOBらを講師とする講義や演習を実施しました。

▼ 詳しくはコチラをご覧ください。



越の国ひとづくり・まちづくりコミュニティ (H17〜19年度)

〜地域に学び 地域に貢献〜

近隣2市1町(当時)および5商工会議所と「地域連携協定」を結び、伝統産業・地場産業企業へのインターンシップや出前授業・公開講座のほか、技術研修や技術者交流会など地域に密着した取組を実施しました。

▼ 詳しくはコチラをご覧ください。



現代GPとは

 文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」は、各種審議会からの提言等、社会的要請の強い政策課題に対応したテーマ設定を行い、各大学等から応募された取組の中から、特に優れた教育プロジェクト(取組)を選定し、財政支援を行うことで、高等教育の活性化が促進されることを目的としたものです。
 GP(Good Practice)には、現代GPのほか、特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)、質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)、「大学教育・学生支援事業」のテーマA「大学教育推進プログラム」などがあります。

▼ 詳しくは文部科学省のホームページをご覧ください。