入試情報

ものづくりのセンスを磨く

材料力学、熱力学、流れ学、機構学、工業力学など機械工学の根幹をなす基礎科目の学習においては、多くの演習を課して理解を深め実際問題に適用できる解析力と応用力を養います。その上にエレクトロニクスおよびシステム・情報・制御に関する基礎的知識技術を修得させ、技術の進歩に十分対応できる能力を育成しています。更に、実験・実習などの実技系科目および総合科目の学習を通して、ものづくりのセンスを磨き実践力、創造力を高めると同時に、基礎的教科の知識技術を総合して機械システムにまとめ上げる総合力の養成を図っています。

専門科目

材料・加工系

機械材料の特性や材料強度の解析および新素材開発について学びます。機械の中の力の伝わり方および機械の加工法、さらに機械設計について学びます。

エネルギー・熱流体系

機械を動かすエネルギーの種類や効率について学びます。機械の中の熱の伝わり方や機械に使われる気体・液体の性質について学びます。

情報・制御系

ロボットや各種機械を電子機器で制御する方法について学びます。工学全般に関するコンピュータシミュレーションや数値計算プログラムについて学びます。

学科からのメッセージ

革新的なものづくりに挑戦

機械工学科 金田 直人

機械工学には、あらゆる産業の基盤となる学問で、これからも進化・発展を続け豊かな社会を作り出すために中心的な役割を担うと考えられます。したがって、幅広い最新技術を身に付けた機械工学の技術者こそが、、これからの技術革新・高度情報化社会においてあらゆる分野で活躍できるのです。皆さんも革新的なものづくりに挑戦して創造性を発揮してみませんか。

先輩からのアドバイス

好きなことに夢中になれる

平成23年入学(藤島中学校出身)Y.Hさん

高専の魅力は、自分の好きなこと・やりたいことに夢中になれることです。機械工学科では、最先端の科学の知識を学び、未来のものづくりに役立つ幅広い技術を習得できるので、将来性のある学科だと思います。また、設計製図・実習・ロボコン・コンピュータなど体験的な授業がたくさんあり、学んだ知識で考えた自分のアイデアを実際に形にして人に紹介できるので、とても充実しています。是非、高専で楽しく学びませんか。
(平成28年4月 福井大学工学部に編入学)